交流ビジネスの最新情報

Region Report

熊本県  
ジェットスター・ジャパン
LCCで熊本を満喫!(後半)
熊本県  
ジェットスター・ジャパン
LCCで熊本を満喫!(前半)
三重県  
高校生が商品開発
「まごころシリーズ」
日焼け止め店頭販売
あきる野市  
都内で小旅行気分を満喫!
秋川渓谷ワイルドツアー 
フォトレポート(後編)
あきる野市  
都内で小旅行気分を満喫!
秋川渓谷ワイルドツアー 
フォトレポート(前編)
日本アセアンセンター
第一回ムスリム受け入れセミナー
開催
ジェットスター・ジャパン
国内線・機内内覧フォトリポート
三重県 
「高校生レストラン」の相可高校
「まごころシリーズ」日焼け止め新発売
品川・大田地域
品川宿まちあるきの
モニターツアーを実施
三重県
「高校生レストラン」のモデル
相可高校開発のリップクリーム発売
青森県
「住みます」芸人が
十和田奥入瀬観光大使に就任
和歌山県
期間限定『プレミア和歌山カフェ」が
オープン
JTB
墨田区の着地型ツアー発売
東京シティ競馬
中国語対応の
「チャイナデスク」も設置
WIPジャパン
8つの国・地域で
外国人の訪日意識調査

ジェットスター・ジャパン

国内線・機内内覧フォトリポート

 2012年7月3日から運航を開始した、ジェットスター・ジャパン。 ご存じ、今、話題の国内線LCCです。現在、東京(成田)、札幌(新千歳)、福岡、沖縄、大阪(関西)の5都市に就航。東京~大阪、東京~札幌、東京~福岡、東京~那覇線の4路線が既に運航を開始。8月24日からは大阪~福岡、大阪~札幌の2路線が加わる予定です。すべてデイリー運航です。

 成田発の札幌行きが片道4490円~、沖縄は6590円~と確かに安い!詳しいスケジュールや運賃は、こちらを見ていただくとして…。

 乗ってみたいけど、座席とか機内の雰囲気って、どうなんだろう?と思っている人も多いはず。6月に行われた国内線の機内閲覧会について、今さらですみませんが、レポートしたいと思います。

 国内線に導入されたのはエアバス社のA320型機。新造機なので、ぴっかぴっかです。銀色の機体にオレンジのロゴがかっこいい。全長は37.6m、全幅37.6m、胴体幅は3.7mです。当初は3機で運航するそうです。



 そして、こちらが機内です。3列3列の計180席。もちろんエコノミークラスのみ。 暖色系の明るい雰囲気なのかな?と思っていたのですが、意外にもシックなグレー系で統一。落ち着いた、かなり高級感のある雰囲気です。ちょっと、「スターフライヤー」の機内に似ているかも。



 シートは総レザー張り。これも意外でした。でも、布張りより耐久性が高いだろうから、結果的にはコストが低く抑えられるのかも…。
 LCCって、座席幅やピッチが狭くて窮屈なのでは?と思う人も多いのではないかと思います。実は私もその一人。ということで実際に座ってみましたが、膝回りに余裕があり、狭い!という印象はなし。足も十分組めます。(ちなみに私の身長は約170cm) これなら十分アリでしょう、というのが第一印象。
 座席幅は73.66cm、平均シートピッチは(座席の前後間隔)71cmとのことです。



 通常の座席は、膝の前にポケットがありますが、この機体はシートの上部にポケットがあります。なので膝回りに余裕ができるというわけです。なるほどなーと思いました。



 コックピットの中も見せていただきました。


 一番の特徴は、操縦桿がゲーム機のコントローラーのような形をしていることだそう。ほんとだ~。


 キャビンクルーの方たち。フレンドリーで好印象でした。


 名札には名字ではなく、名前がひらがなとローマ字で書かれており、親しみやすい印象。国旗は日本語以外に話せる言語を示しています。この方の場合は英語。中国語が話せる方もいるそうです。


 座席も思ったより狭くはなく、クルーや機内の印象もGood。これならぜひ一度利用してみたいというのが率直な感想です。この値段ならもっと気軽に、那覇や札幌にいる友人や親戚に会いに行けそう。